気になる家紋…その64 - 季切少楽

気になる家紋…その64

変身された家紋 -7-

七宝(しっぽう)紋

七宝
↑↑「七宝」

輪違(わちがい)文様からできたカタチ。

輪違文様とは
二つ以上の輪が
互いに交差している文様のこと↓↓
輪違文様
藤原時代には文様として
使用されていたのだとか。

七宝は仏教の七つの宝。
金・銀・瑠璃(るり)・玻璃(はり)
・硨磲(しゃこ)・瑪瑙(めのう)・珊瑚(さんご)
を指すのですが、
七…
どこが…

輪違文様は
四方(しほう)に広がる縁起のよい文様。
その「しほう」が
「しっぽう」になったのだとか…


縁起をかつぎたいとか
ダジャレ好きとか
昔からの日本人の
ソウイウトコロが
でたのですかね…

ちなみに
輪違い紋というのもあります
輪違い
↑↑「輪違い」


広島ブログ

ばらん
いろいろ
つくってます
ホームページをご覧ください
クリックしてください

「月のばらん」はこちら
クリックしてください

「お弁当用ばらん」はこちら
クリックしてください


コメントの投稿

非公開コメント

No title

面白い由来があるのですね。
「七宝焼き」と関係あるのですか?

Re: No title

ロマンスグレー さま

いらっしゃいませ(*^_^*)

七宝焼きの名前の由来は、
宝物を材料とするから、や
仏教の七つの宝ほど美しいから、
などあるようです。

どちらも仏教の七宝が関係していますが、
焼き物は、材料や見た目から。
文様は、ダジャレから…(^_^;)
それぞれに名前がついたようですね。
プロフィール

季切少楽

Author:季切少楽
季切少楽(きせつしょうらく)と申します。
ばらんの切り絵をつくっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広島ブログ
↓広島ブログに参加中↓
広島ブログ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード