親離れ、子離れ… - 季切少楽

親離れ、子離れ…

本日は
⑦パパさま企画「同じお題で書きましょう」
プッチママさまお題「親離れ、子離れ」
の日だそうです。
ので、参加しちゃいます

今のトコロ、
娘が、離れていくなんて
全く考えられないのですが、
今年、年少さんになることが
親離れ、子離れの
第一歩になるのかなぁと…

私の親離れは
結婚してから。
ある日、父が
「働き出したら出て行けよ!」と
私「うん、わかった」

が、母
「だめよっ!出て行っちゃだめっ!!」
と泣き出す…

父、私、「えっ…

それから父は何も言わなくなり
私もなんか家で暮らしてしまい
結局、結婚するまで実家にいました

早く家を出て自立したいと思ったり
母を泣かしてまで…と思ったり
なんでそんなことで泣くんだよ…と思ったり

結婚が決まると
家を出られる喜びの方がちょっぴり多かったような…
父も早く出て行ってもらいたかったようで、
夫が「娘さんと結婚させてください」と言ったとき
あっさり、「うん、いいよ」と言って
他の話をしていたし…
母はやっぱり泣いていた…

しかし、結婚して子どもができると
やっぱりいろいろ親に頼ってるなぁ…
親離れできてないのかな…
親離れってなんだろ…?

娘が自立したいと言えば、
「よし行って来いっ」
と送り出したいと思うけど、
実際のトコロどうなることやら…

あれ、ちゃんとお題に沿って書いてるかな…


広島ブログ

5月のばらん」
予約受付中です
詳しくはホームページで
←ココをクリック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お題にご参加いただきありがとうございました
父親と母親、思うところが違うんですよね。きっと。
私はお母さんの気持ちがよくわかるし
父親は「信頼して任せられるならなんとかなる!」くらいに
寛容に構えてくれたりするんでしょうね
とにかく幸せに暮らしていれば親離れはできたかなと思います
子どもには、「想わせてくれることが親孝行」と
考えるしかないかもしれません(;^_^A

Re: No title

プッチママ さま

いらっしゃいませ(*^_^*)

こちらこそ、参加させていただき
ありがとうございました。
親のコト、子どものコト
考えるいい機会となりました。
「想わせてくれることが…」
なるほどっです(*^_^*)
なかなか奥深いお題
ありがとうございました。
プロフィール

季切少楽

Author:季切少楽
季切少楽(きせつしょうらく)と申します。
ばらんの切り絵をつくっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広島ブログ
↓広島ブログに参加中↓
広島ブログ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード