気になる家紋…その142 - 季切少楽

気になる家紋…その142

変身した家紋 -78-

今回は大きな葉っぱの↓↓

違い芭蕉

↑↑「違い芭蕉」

芭蕉(ばしょう)紋は
バナナに似た芭蕉の
2メートル近くにもなる大きな葉を象った紋です。
家紋になったのは
明治以降と考えられているようですが、
文様としてはその前から使われています。
茎や根や葉は薬として用いられていたようです。
俳人の松尾芭蕉さんの芭蕉はこの葉っぱのことなのだとか。

そんな芭蕉紋の変身は↓↓

三つ芭蕉巴

↑↑「三つ巴芭蕉」

芭蕉蝶

↑↑「芭蕉蝶」

お馴染みの巴や蝶の変身します

蝶紋についてはコチラ → 「変身された家紋-2-
巴紋についてはコチラ → 「変身された家紋-5-


広島ブログ


「ばらん」を
いろいろ
つくっています↓↓

「月のばらん」はこちら
クリックしてください

「仕切る用ばらん」はこちら
クリックしてください

「縁起物ばらん」はこちら
クリックしてください

飾る用ばらん」はこちら
クリックしてください

メールでご注文ください
詳しくは
ホームページをご覧ください
クリックしてください


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

季切少楽

Author:季切少楽
季切少楽(きせつしょうらく)と申します。
ばらんの切り絵をつくっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広島ブログ
↓広島ブログに参加中↓
広島ブログ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード