気になる家紋…その124 - 季切少楽

気になる家紋…その124

変身した家紋 -63-

今回変身するのは↓↓

玉

↑↑「一つ玉」

玉(たま)・宝珠(ほうじゅ)紋です。
宝珠紋と呼びますが、
ひとつひとつは
「○○玉」「玉○○」という名前が付いてます。
その名の通り、
宝とする珠(たま)を図案化した紋で、
神霊が宿るもの、珍重すべきもの → めでたいもの
ということから家紋に採用されたようです。

そんな宝珠紋の変身は↓↓

玉桐

↑↑「玉桐」

人気の桐に変身します。

下の部分は玉で
上の玉ねぎ的なのは何かというと、
火焔を吹いているのです。
瑞気(ずいき:めでたい兆し)が
盛んに立ち上る様を
火焔で表現しているのだそうです。

宝珠紋は
玉だけの紋と、火焔を吹いている紋があります。

桐紋についてはコチラ → 「変身された家紋 -1-


広島ブログ


ばらん
いろいろ
つくってます。
ホームページをご覧ください
クリックしてください

「月のばらん」はこちら
クリックしてください

「仕切る用ばらん」はこちら
クリックしてください

「縁起物ばらん」はこちら
クリックしてください

飾る用ばらん」はこちら
クリックしてください


コメントの投稿

非公開コメント

No title

>↑↑「玉桐」
私の母校である川崎市立東生田小学校の校章がこんな感じでした。

Re: No title

ふぃーゆパパ さま

いらっしゃいませ(*^_^*)

へー、どれどれ?と検索してみました。
丸い葉の桐紋のような校章ですね。
校章も学校によって、いろいろあるのでしょうね
どんな想いや歴史からその校章になったのか
興味深いですね(*^_^*)
プロフィール

季切少楽

Author:季切少楽
季切少楽(きせつしょうらく)と申します。
ばらんの切り絵をつくっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広島ブログ
↓広島ブログに参加中↓
広島ブログ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード